究極の中国語学習法

誰でもご存知の通り、何を学習する場合も一番重要なのは、その方法です。
鳳凰中国語学院では長年の教育経験から編み出した独自の中国語学習方法、また在校生で中国語検定1級、HSK6級合格者がオススメする10の中国語勉強法をまとめてみました!
自分に合った中国語学習法が必ず見つかるはずです。
①単語から始める
中国語学習において、単語を覚えることは基本中の基本です。最良の中国語の学習方法は次の学習のときまでに暗記をするのではなく、勉強中に単語を暗記することです。そしてわからない単語は納得するまで徹底して調べることです。こうすれば深く記憶に残ることを保証します。

②毎日勉強する
毎日中国語を勉強することはとても重要ですが、深刻に考える必要はありません。毎日30分勉強するほうが1週間で2時間勉強するより効果があります。毎日中国語学習の習慣をつけると、大脳に記憶された知識を活性化した状態で保持できるのです。

③中国語ドラマでヒアリングの練習
中国語ドラマを見ることは、語感を養うだけでなく、発音の矯正や学習の興味向上につながります。中国語ドラマを選ぶ際、中国語・日本語の二種類の字幕がついているものがベストです。

④学習の楽しみを探す
中国語の学習がつまらないと感じる場合は、目標と達成感がないというだけで、学んだものは今後きっと役に立つ場面があるはずです。まずは自分に小さな目標を一つ与え、それをクリアしていくことで自信をつけることが中国語の向上につながります。

⑤興味のある話題を選ぶ
重要なことは、自分の好きな話題を選んで中国語を学習することです。そうするとモチベーションが格段に上がります。中国語を学びながら、自分の興味のある分野の知識も増えるという相乗効果があるからです。

⑥学習仲間を探す
一緒に勉強できる仲間がいると、中国語の学習がはかどります。わからない点についてお互い助け合えるし、持続力もつきます。ライバルとして付き合うのではなく、中国語の情報を共有できる仲間として付き合うのがコツです。

⑦根気よく続ける
何事においても根気よく続けることが成功へとつながる道になります。中国語学習も続けて勉強することで語感を養うことができます。長くコツコツ続けていれば、ある日突然中国語特有の言語感覚が身につくはずです。

⑧ボキャブラリーの活性化
例えば、「休暇を過ごす」という話題について勉強する場合、次の休暇のことを考えるのはもちろんですが、その他にあなたには何ができるか、何が好きなのか多方面から物事を考えるきっかけになります。この練習はボキャブラリーを増やすのに最適です。

⑨小段落の文章を書く
中国語の文章を作成するなら、小段落の簡単な文章から始めましょう。どんな一日を過ごしたか、趣味、友達等について書き出します。文字を書くことは大脳の運動に関する部分の活性化させ、記憶を固定することができます。

⑩中国語の歌を歌う
中国語の歌を歌う場合、事前に歌詩の意味を理解して歌うと、集中力を高め記憶しやすくなります。歌を歌うことは想像力を喚起し、会話練習や文章作成において、より豊かな内容を生み出すことができます。

PAGE TOP