生徒の中国語作文

一人っ子政策廃止

中国では、1979年に一人っ子政策の実施が始まった。
実施以降出生率は急激に減少し、この政策は人口構成の不均衡をもたらした。
そのうえ男児の出生率は女児より高くなり、青年男性の結婚難、さらには無戸籍の子供が多数出現した。
2015年、中国政府は遂にこの政策を廃止し、二人目の子供の出産を認めた。しかし、効果は政府が期待したほど大きくなく、むしろ程遠いものであった。
当時本当に二人目の子供が欲しい人は、様々な手段を使って第2子を更には第3子までも生み育てていたのである。さらには、中国では子供の教育費の負担が非常に大きい。
そのうえ医療費も高い。この様な状況下では、特に大都会で二人目の子供は欲しくないと考える人が益々多くなっている。
専門家は、2021年以降労働人口の不足や退職年金の財源不足の問題がどんどん厳しくなり、中国経済や社会の安定に極めて大きな影響を与えると指摘している。
最近中国政府は、産児制限政策を完全に廃止することを考えている。
一方、日本ではここ10年、政府が様々な少子化対策を実施したにもかかわらず、少子高齢化はかえってますます厳しくなっている。
国民の出産を操作するのはたやすくはないうえ、いろいろな問題を引き起こしかねない。
生徒の中国語作文

PAGE TOP