中国語スクール活用のすすめ

中国語の学習スタイルは人によって異なりますが、大きく分けて独学だけの人、独学とスクールを組み合わせる人に分けられます。いずれの場合も効率よく上達させたいと思うのは、学習者に共通した願いです。
ほとんどの中国語スクールでは、初級レベルからプロの通訳・翻訳者になるためのコースまで、それぞれのレベルに応じたレッスンが受けられます。

中国語スクールに通うメリット

その一 体系だった学習ができる
その二 苦手分野を克服できる
その三 モチベーションアップにつながる
その四 人脈づくりもできる

中国語スクールの選び方

スクールで学ぶメリットがわかった上で、通うことを決めたら、次にすることはスクール選びことです。次のような点に気をつけると、よりスマートな選択ができます。
立地
Q1.通いやすい場所にあるか。
→継続的に通うために、スクールは会社、学校、自宅の近くや帰宅経路などで探すほうが無難です。

時間
Q2.自分が確実に通える曜日・時間帯であるか。
→最初から少し無理をした曜日・時間帯を選んでしまうと、ちょっとしたことで行けなくなってしまうので、できるだけ余裕を持って選択をしましょう。プライベートレッスンでしたら、自由に受講時間を選べますので、おすすめします。

クラスの内容
Q3.取りたい資格や目的に合ったクラスを選んでいるか。
→旅行のための会話、仕事のためのビジネス会話、中国語検定・HSKの資格を取りたいなど、人によって目的もさまざまです。自分の目標にあうコースがあるかどうかは必ず確認しましょう。出来れば、無料体験レッスンも受けましょう。

選択の自由度
Q4.講師を選ぶことはできるか?途中でコースを替えることはできるのか。
→初心者の方に講師担任制のスクールを選んだほうがいいです。中級者及び上級者は通い始めてから、どうしても他の講師に教わりたい、クラスを替わりたいという場合もでてきます。そんなときに教室側はどれぐらい対応してくれるのか、事前に聞いておくと安心です。

講義内容のレベル
Q5.講義内容や講師の会話のスピードなど、通いたいコースのレベルは自分の実力に合っているか。
→ほとんどのスクールでは無料で体験入学をさせてくれます。自分が通いたいクラスを見学し、目的にマッチしたものかどうかを確認しましょう。

講師
Q6.ネイティブの講師に教わりたいのか、日本人の講師に教わりたいのか。
→人によって意見は分かれるところですが、特に初心者の場合は、中国人の講師の方が発音がきれいなのでおすすめです。また、授業の質は講師の質で決まりますので、無料体験レッスンを受けてから決めましょう。

レッスンのスタイル
Q7.個人レッスン、グループレッスンどちらを希望するか。
→個人レッスンの場合はきめ細かい指導をしてもらえるので、短期間でレベルアップしたい方には、マンツーマンレッスンをおすすめします。グールプレッスンは一緒に学ぶ仲間がいるので、楽しく気楽に勉強できます。

フォロー体制
Q8仕事の都合、急用などで欠席した際にはどんなフォローが受けられるのか。
→受講日や時間を振り替えることができるかどうかを事前に確認しましょう。

受講料
Q9.費用はどれくらいかかるのか。
→入学金や受講料など、料金体系はスクールごとに異なります。教室に直接問い合わせたり、パンフレットや情報誌で相場を調べましょう。支払方法は一括前納、分割可能などがあるので、自分にあった無理のない方法を選ぶようにしよう。

イベント
Q10.ネイティブの講師や他クラスの受講生との交流やイベントなどはあるのか。
→ネイティブの講師とのコミュニケーションや他のクラスの受講生との交流を通して、スクールに通うモチベーションが上がることも往々にしてある。忘れずにチェックしましょう。

PAGE TOP